妊婦の貧血を予防するにはどうしたらいい?

胎児に栄養を与えるのはへその緒から血液を通してしか方法はありません。そのため妊娠中は、胎児が大きく成長するにつれ、大量の血液が必要になります。妊娠中期以降の妊婦はとにかく貧血になりやすいので、できるだけ貧血に効果のある栄養素を摂取しなければいけません。では、妊婦の貧血を予防するにはどうしたらよいのでしょうか。

造血作用のある栄養素を取る

妊娠中期からは、胎児に栄養素をたくさん与えるため、貧血になりやすくなります。そのため、普段よりも意識をして 貧血に効果があると言われている食べ物屋造血効果のある栄養素を摂取しなければいけません。鉄分を多く含むほうれん草やかぼちゃなどや、葉酸をたくさん含んでいるブロッコリーや枝豆などの食材を毎日の食事で取り入れましょう。とりわけ葉酸には、高い造血効果があり、妊婦の貧血を予防する効能があるので、意識的に多めに摂取する必要があります。

葉酸サプリを活用する

妊活や妊娠のごく初期には葉酸サプリを飲んでいる人は多いと思いますが、妊娠中期以降も葉酸サプリを飲み続けることによって妊婦の貧血を予防することができます。胎児に栄養を与えることによって失われた血液を補ってくれる効果があるので、赤ちゃんにも母体にも効果的な栄養素です。サプリを選ぶときに、天然の鉄分を多く含む葉酸を選ぶと、より妊娠中の健康に高い効果を得ることができます。

妊婦の貧血予防には葉酸

妊娠中期以降は、胎児に血液によって栄養を与えるので貧血を起こしやすくなります。葉酸には、造血作用があります。妊娠初期から葉酸サプリを飲み続けることによって効果的に妊婦の貧血を防ぐことができます。