なぜ、妊娠初期に葉酸が必要なの?

妊娠前や妊娠初期に産婦人科で葉酸のサプリメントを摂取するように薦められたり、インターネットなどの妊娠に関する情報で葉酸の必要性を知ったという方は多いのではないでしょうか。
でも、そもそもなぜ妊娠初期に葉酸が必要になるのでしょう。

葉酸の一番大きな効果

葉酸の摂取を妊娠初期に推奨される一番大きな理由は、葉酸が胎児の先天的な神経管の異常を抑える働きがあるということがわかったからなのです。
葉酸はビタミンB群の一種で、細胞分裂を促す働きがあります。
胎児の神経管が出来上がるのは妊娠初期ですので、葉酸は妊娠前から妊娠初期にかけて特に摂取が必要になります。
葉酸は緑黄色野菜や豆類、レバーに多く含まれていて、若い人よりも高齢の人の方が多く摂取しているというデータがあります。
妊娠中の一日あたりの推奨摂取量は400μgですが、これを全て通常の食事から摂取するのは困難と言われています。
なぜなら、葉酸は水溶性ビタミンですので水に溶けやすく、また加熱に弱いために調理の段階で失われてしまうことが多く、推奨量を摂取しづらいのです。
そこで、サプリメントなどを利用して必要量を満たすことが薦められています。
妊娠初期はつわりがひどい時期でもありますので、食事が充分にとれない方も多いと思います。
サプリメントなら、食事のように匂いもなく、水が摂取できれば飲むことができますので、つわりの時期でも比較的摂取しやすいのではないでしょうか。

神経管のできあがる妊娠初期までは特に葉酸が必要

これまで見てきたように、葉酸は胎児の神経管の異常を抑える働きがあると言われていますので、神経管が出来上がる妊娠初期までの摂取が特に必要になるのです。